忍者ブログ
'07.2.8開設。唄を愛する水月の日常生活。
2018 / 07
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
[784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [774

やばいかわいいwwwwww
これアペンドかと思ったけど全然違った。調教次第ではアペンドいらねーなw
やっぱランキング見るといいな、うん。ミク的にもネタ的にも((

愚痴のような愚痴じゃないようなびみょーなおはなし
100%リアル成分。3次元的な意味でもリアル環境的にもって意味でw

「Project DIVA 2nd買いたいから某Kにいく」「トイレいきたいから送ってくわw」
正直意味がわからなかったwwwwwwwwwwwwww←
うちのにーさまが某Kまで送ってくれました
車の中で話してたオハナシです
両親は信用するなよって言われた時にぽぇって感じだった、うん。
うちの両親は個性的ではなく、おかしいの部類だと僕は考えてるんだ。
正直金銭面で僕んちは本来危機的状況に陥っているわけだしうん。
にーさまは両親を信用してないし、おじさんも信じてないらしいよ。僕おじさんについては細部まではなぁ・・。
普段アホシュールな僕でもやるときはやるんです(キリッ
この人はこういう人間だからこういうのかな、とかこれはまだ許容範囲内だろうとか結構考えてます
だから僕は人によってコロコロ変わります。まぁ、それが世間的にも普通なんだと思うけど。閑話休題。
親については詳しく書いて晒すってことはないけど、たまに書く愚痴とかで結構どんな人かわかる感じだとおもう。だって、単純明快というかむしろ単純な気がする。
進学したら一人暮らしをするっていうのは、炊事とか家事全般を自分でこなせるようにってだけではなくて、そんな親たちから離れたいって方が本来は強い。
女だから家事を…っていえば説得力はあるしね。3年になったら喧嘩してでも今度は自分の意見を通します。
でも、にーさんがそういう話をしてくれたってことは、僕を心配してくれて、信頼してくれてて、警鐘を鳴らしてて、こんな風にはなるなって感じにとれた。本人はそこまでの意識はないかもだけどw
親が言ってきかなくても、にーさんが言えば僕はいろいろききます。正当性があると思うからねー。
あぁ、僕もまだまだ若いけど、数年前まではこんな未来が訪れるなんて微塵にも思わなかった。
悲劇のヒロインごっことかはするつもりはないけど、でも、子供は親を選べないからやっぱりなんかねぇ。
でも、両親には感謝してます。生かさせてもらったし、悪い見本みせてくれたありがとー((

最近の人は感謝を忘れている、って美容院の先生とお話してた。
美容院の先生は現実味のあるとてもおもしろい話をしてくれます。ありえねー先生wwwwwww
僕は良い人の多い環境に置かせてもらって感謝をしていますまる←
あぁ、進学先どうしよー←
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



TW
実はかうんた。
Designed by shiena
忍者ブログ [PR]